DebRA JAPAN

第14回『難治性皮膚ケア(表皮水疱症)学習会』

20

Aug 2016

0

Print Friendly
日時:8月20日(土)13:00より
会場:北海道大学医学部臨床講義棟第3講義室
参加料 : 無料
2013年8月10日に第1回目の学習会を北海道大学で開始してから東邦大学、大阪大学、名古屋大学、久留米大学、鹿児島大学、愛媛大学、弘前大学の先生たちのご尽力をいただき、おかげさまで今回で、通算14回目の開催となります。
そして、昨年10月、北海道大学病院皮膚科に国内ではじめての『表皮水疱症外来』が実現いたしました。
国内でおよそ1,000人といわれる稀少疾患であっても、医療者には、その症例を集積し、治療の比較検討ができ、研究の成果が期待でき、患者家族には、早期の診断と、適切な治療計画を受けられ、待ち時間なくしっかり診てもらえる、先生たちや看護師さんたちの熱意と愛情に、患者として、また患者会としても表皮水疱症の治療研究、創傷ケア、在宅サポート、自立支援など、これからの稀少難病を取り巻く環境改善に期待が高まります。
今回は、表皮水疱症専門外来を担当される藤田先生、新熊先生をお招きし、表皮水疱症でのリスクが高い感染症と皮膚ガンの対応について、また患者当事者たちからは、症状の悩みや生活相談などを発言してもらい、ふだんなかなか語り合えない医療者と患者家族との情報交流を図りたいと思います。
開催詳細はこちらをご覧ください。